【男性向け】目の下のたるみ解消法をご紹介!

  • この記事を書いた人
久美子

久美子

42歳主婦です。自分でも目を逸らしたくなるぐらい目の下のたるみが酷く、何年も悩んでいました。「少しでも若く見られたい!」という思いから、目の下のたるみを取る方法を模索。その結果、ある方法で目の下のたるみを取ることに成功しました!

久美子
男性の目の下がたるむ5つの原因と3つの改善法をご紹介します。

男性の目の下がたるむ5つの原因

久美子
男性の目の下がたるむ原因は主に5つあります。あなたにも当てはまる部分があると思うので、1つ1つチェックしてみましょう!

男性の目の下がたるむ原因

  1. 加齢による筋肉や肌弾力の衰え
  2. 眼球の下に脂肪が溜まっているから
  3. 疲労によって眼球の血流が悪化しているから
  4. 紫外線によるダメージ
  5. 誤ったセルフマッサージ

加齢による筋肉や肌弾力の衰え

久美子
加齢によって筋肉や肌弾力が衰えてきたのが原因です。

特に男性の方は、若い頃は特に目の下のたるみに違和感がなかったのに、一定の年齢になってから急に目の下がたるんできたと感じてしまう人も多いです。若い頃に撮った写真と鏡に映る自分を比較すると、目の下のたるみや顔全体が下に垂れ下がっているのが分かると思います。

加齢による体の衰えは避けられないところもありますが、エイジングケアで少しでも劣化を遅らせることは可能です。

ちなみに男性が加齢によって目の下がたるむのは、「表情筋の衰え」と「肌弾力を維持するヒアルロン酸やコラーゲンの減少」が原因です。

表情筋が衰えて顔の皮膚が下に垂れ下がるから

久美子
顔の皮膚は表情筋によって支えられていますが、表情筋が衰えると顔の皮膚が下に垂れ下がってきます。

顔にはいくつもの筋肉が存在しており、特に目の下のたるみに影響を与える筋肉が【表情筋】です。

表情筋は他の筋肉と同様に加齢によっても衰えますが、その他にも普段から表情に乏しい方も表情筋が衰えてしまうのです。

日本人は外国人と比べて特に表情が乏しく、またコミュニケーションが希薄なため、若くても目の下がたるんでしまうことがあるんだとか。

目の下のたるみが気になるからと表情筋を鍛えるのも大切ですが、積極的に人とコミュニケーションをとるだけでも、たるみの対策につながります。

肌の弾力を維持するヒアルロン酸やコラーゲンが減少するから

久美子
年齢を重ねていくに連れて、皮膚内に存在するヒアルロン酸やコラーゲンが減少し、目の下を含んだ肌全体に”たるみ”が生じます。

ヒアルロン酸やコラーゲンは肌の弾力を維持するための成分ですが、これらを生み出す繊維芽細胞は加齢によって衰えてしまいます。

また、男性は女性よりも肌に対する美容や健康への意識が低い傾向にあるため、化粧品で肌にヒアルロン酸やコラーゲンを補給せず、気付いたときには目の下にたるみができていることも少なくありません。

男性で目の下のたるみが気になりだしたら、日頃から顔をチェックして以前と変化がないか確認することも大切です。

眼球の下に脂肪が溜まっているから

久美子
目の下の部分にある涙袋がブヨブヨと大きくなっている場合、ここに脂肪が溜まっている状態かもしれません。

涙袋の正式名称は眼窩脂肪(がんかしぼう)と言い、目の下がたるんでいる人は眼窩脂肪が膨らんで目の下がたるんで見えている可能性があります。

眼窩脂肪が溜まってしまうのは加齢が原因であることが多く、年齢を重ねるに連れて眼球を支える力が衰えてしまい、どんどん眼球が下へ下へと下がっていきます。

眼球が下に垂れ下がると、眼窩脂肪が押し出されてしまい、目の下がたるんで見えてしまいます。

疲労によって眼球の血流が悪化しているから

久美子
眼球の疲労により血流が悪化していると目の下のたるみの原因になります。

あなたは日頃から仕事でパソコンを使っていると思います。また、最近はスマホが普及したことにより、用がなくてもスマホを見ていることが多いのではないでしょうか?寝る前もスマホをいじっていて、いつの間にか長時間画面を眺めてしまっている人も多いはず。

パソコンやスマホを長時間見続けていると、眼球の周辺の筋肉が硬直してしまい、眼球の血流が悪化します。血流が悪化すると老廃物の蓄積が引き起こされてしまい、目の下がたるんでしまうのです。

紫外線によるダメージ

久美子
紫外線を長時間浴びたり、適度にさらされたりすると、顔のハリや弾力を支えているコラーゲンが破壊され、目の下のたるみが引き起こされてしまいます。

また、紫外線によって繊維芽細胞が破壊されると、コラーゲンやヒアルロン酸を生み出す働きが低下し、次第に目の下のたるみがひどくなります。

そして紫外線によるダメージはどんどん蓄積されていくため、仕事などで紫外線を浴びる機会が多い方は特に注意が必要です。

誤ったセルフマッサージ

久美子
目の下のたるみが気になるからといって、自己流のマッサージを行っていると、かえって目の下のたるみがひどくなる可能性があります。

また、目の周りの皮膚は非常に弱いため、何となくマッサージをしていると、眼球周辺の皮膚が引き伸ばされてしまい、結果的に目の下のたるみへと繋がることも・・・。

マッサージは眼輪筋を鍛えたり、目の周辺の血行を良くしながら代謝を上げて、老廃物の排出を促すことが目的です。しかし、正しい知識がない状態で自己流のマッサージをしてしまうと、目の下のたるみが悪化してしまう可能性もあります。

だから目の周りをマッサージする際は、細心の注意を払って行う必要があります。

男性向け目の下のたるみ改善法3選

久美子
男性の目の下がたるんでしまう原因がわかったところで、改善する3つの方法をお伝えします。

男性の目の下のたるみ改善法

  1. 可能な限り紫外線を浴びない
  2. トレーニングで表情筋(眼輪筋)を鍛える
  3. メンズエステで表情筋を鍛える

可能な限り紫外線を浴びない

久美子
紫外線をなるべく浴びないようにすることが大事です。

紫外線によって繊維芽細胞にダメージを受けると、顔のハリや弾力を支えているコラーゲンが破壊されてしまい、目の下がたるんでしまいます。だから外に出る場合や長時間太陽に照らされるような場合は、必ず防止を被ったり、顔に日焼け止めを塗って紫外線をカットするのが良いでしょう。

また紫外線は夏が特に強いイメージがありますが、太陽が出ている時は春夏秋冬、フルシーズンで注意を払う必要があります。特に涼しい時期に全く紫外線対策せずにいると、無意識のうちに紫外線を浴び続けていることにもなりかねませんので注意しましょう。

どうしても仕事柄、外にでる機会が多い方や、趣味でアウトドアスポーツを行う人は、サングラスを浸けたり、繊維芽細胞を破壊する原因であるUVをカットしてくれるクリームを使うなど十分な対策を行いましょう。

トレーニングで表情筋(眼輪筋)を鍛える

久美子
正しい知識をもってトレーニングやマッサージを行うことで、目の下のたるみは改善できます。

目の下のたるみを改善する上でトレーニングやマッサージ自体は非常に簡単に行えるものであり、時間もかかりません。

お風呂上がりで血行の良い状態で行えば、更に効果アップが期待できます。

目の下のたるみを改善するトレーニングやマッサージ法は、下記の記事に詳しくまとめてあるので、併せてご覧ください。

目の下のたるみ改善トレーニング【実際に効果あり!】私の方法まとめ
 
目の下のたるみ改善で即効性のある5つの方法

メンズエステで表情筋を鍛える

久美子
どうしても目の下のたるみが改善できない人は、メンズエステの無料カウンセリングを受けてみましょう。

メンズエステには表情筋を鍛える機器やエステティシャンのマッサーを受けることができます。

また、メンズエステでは目の下のたるみに関する【無料カウンセリング】や【無料の初回体験】を受けることができます。

エステに通うほど時間がない、お金がない方でも、カウンセリングや初回体験は無料(もしくは格安)で受けれるため、まずは試してみるのも良いと思います。

もちろん、カウンセリングや初回体験を受けたからといって、入会したり高額商品を買わされたりすることはないのでご安心ください。

まとめ

久美子
男性も目の下がたるんでいると一気に老けて見えるだけでなく、不健康な印象を相手に与えてしまいます。

逆に目の下のたるみを改善できれば、年齢よりも若く見られることは間違いありません。

男性の目の下のたるみは、速やかに対策をとることで改善は可能ですので、本サイトの情報を参考にして、たるみ対策を行っていきましょう!

アイケアNaviのトップにもどる

私イチオシのおすすめ商品

コラゲナイト

コラゲナイト
コラゲナイトは生コラーゲンそのものを、気になる目元へ直接貼る目元用パックです。寝る前に専用の美容液を含ませたコラーゲンシートを貼ることで、ハリと潤いのある肌へと導きます。

更新日:

Copyright© アイケアNavi , 2019 All Rights Reserved.